【体験談】婚活アプリからの同棲エピソード(29歳・女性)

シェアする

今回紹介するのは、婚活アプリで出会った彼との同棲エピソードです。

費用負担ルールは明確に、生活ルールは緩やかに、というのはメリハリがあって良さそうですね。ちなみに、うち(編集者サボテン)も彼女との同棲は同じような感じです。

婚活アプリでの彼との出会い

そろそろ結婚したい!!と考えていた29歳の時に婚活アプリで知り合ったのが5つ年上の彼。

お互い一人暮らしだったこともあり、自然と仕事終わりに私が彼の家に行き、寝泊りする生活スタイルになりました。

人生で初めての同棲でしたが、毎日がとても楽しく、あまりストレスを感じることもなかったため、気づけば何日も自分の家に帰っていないことも…。

ほぼ使用していない自分の家の家賃がもったいなく感じるようになったのと、彼からも「いつ引っ越してくるの?」と言ってもらえたことから、彼の家で同棲することに決めました。

同棲をするにあたって1番大変だったのは親への報告。今まで一度もお付き合いしてる人を紹介したことがなかった私。
実家に帰省したタイミングで両親に「お付き合いしてる人と同棲を考えているから、一度会って欲しい。」と伝えました。
この瞬間が人生で1番緊張した瞬間かもしれません(笑)。

後日両親に彼を紹介したところ、とても彼のことを気に入ってくれたため、無事に同棲をスタートさせることができました。

同棲の際の生活ルールは緩やかに、費用負担は明確に

同棲をするにあたり、ネットやSNSでさまざまな情報を収集した際に「最初に同棲する上でのルール(家事の分担や費用の負担)を明確にした方がいい」と書いてあることが多々ありました。

私たちは家事に関しては最初に特にルールは設けず、生活していくなかで私たちに合ったやり方を見つけていきました。食事は先に帰ってきた方が用意する、洗濯物は気付いた方がするなど、自然と役割を見つけて取り組むことで、ルールだから、仕方なく、と言った気持ちを持たずに取り組むことができたと思います。

逆に、費用の負担に関しては曖昧になると良くないと思い、最初でしっかり決めることに。家賃と光熱費は彼が負担、その他食費や生活費は私が負担していました。

彼のこだわりマイルール…でも楽しいひとときも!

同棲をスタートさせた頃の思い出といえば、彼のマイルールが多かったこと。

洗濯物の干し方や食器の片付け方など一人暮らしが長かった彼にはこだわりがたくさん。最初は「やっていけるかな〜。」と不安な気持ちにもなりましたが、元々こだわりの少ない私はすぐに慣れることができました。

また、お酒が共通の趣味である私たちはお家飲みを毎週末楽しみました。一緒におつまみを作ってお酒を飲んで過ごす時間が平日の仕事の疲れを癒してくれました。

ずっとこんな日を過ごせたらいいなと思うことができ、彼との将来をよりリアルに考えるようになりました。

結婚後に同棲を振り返ってみて

私たちは同棲を始めてちょうど2年後に入籍しました。同棲は元は全くの他人である2人の生活スタイルをお互いに見ることができるとても貴重な期間だったと思います。

一緒に生活して初めて知る彼の様々な一面も見たうえで、この人とだったら大丈夫だと安心して結婚を決意することができました。

また同棲の時点でお互いの親に挨拶をしていたため、同棲期間中もお互いの家族と仲を深めることができたのもとても良かったと思っています。結婚が決まった時に両親はとても喜んでくれ、スムーズに結婚を認めてもらえました。

同棲期間はお互いのことはもちろん、お互いの家族のことも知り、絆を深める大切な期間になり、同棲してよかったなと思っています。

スマホで簡単ウェディング診断 あなたにピッタリの結婚式プランが届く【プラコレWedding】

今回の同棲体験談記事は以上になります。

今後も、同棲・結婚生活に関する記事や体験談を提供していきますので、
この記事が参考になった方は、「いいね」を押したり、twitter(@forMillennials1)をフォローしたり、
ブックマークやメルマガ登録いただけると嬉しいです。

皆さんのアクションが次の執筆意欲に繋がりますので、ぜひよろしくお願いします!

メルマガ登録はこちらから↓

こちらもどうぞ!

同棲記事

また、婚活、同棲、結婚生活や子育てなどの悩み事を、他のユーザーや専門家に相談できる、会員制の無料掲示板も新たに設置しましたので、ぜひご覧ください。

掲示板はこちらから