【同棲】30歳前半男性の結婚前の同棲体験談ー住居・間取り、お金、家事・生活ルール

シェアする

今回の記事は、マッチングアプリで出会った彼女と結婚した30代前半男性の同棲体験談です。

同棲のポイントとしての住居、お金、家事・生活ルールや、同棲を検討されている方へのアドバイスもありますので、ぜひご覧ください。

妻との出会いから同棲まで

私は2020年4月に結婚をしました。

結婚に至るまでに、2年ほど彼女と同棲をしていました。

その体験を振り返りながら、同棲体験談としてお伝えたいと思います。

まずは私たち夫婦の馴れ初めを少しお話したいと思います。

会社にて先輩からそろそろ恋人をつくり将来のことも考え始めたらどうかとアドバイスを頂き、マッチングアプリを勧められました。

毎日ブログの更新(主に一人暮らしの手作り料理)をしているうちに声を掛けてきてくれたのが、現在の妻です。

数週間のやり取りの後にお互いの時間の都合が合い、初めて会うことになりました。

実際にお会いし、軽くお茶をした後に空気の綺麗な場所へ移動し、思い切って私から告白しました。

まだ相手のこともよく知らない状態でしたが、

「この人とお付き合いしたら、何だか楽しいことが待っていそうな気がする。」そんな直感がしたのです。

驚くことに、彼女の返事はOKでした。

友達0日。交際初日の出来事でした。

それから私たちは、デートや飲みなどに週末の度に出掛けました。

お互いのことが少しずつ分かり理解しながら10ヶ月ほど経ち、一緒に住もうと私が提案しました。

彼女は喜んで承諾してくれて、私たちの二人での同棲生活が始まりました。

同棲のポイントその1ー住居・間取り、引っ越し

同棲のポイントの一つが、住居の場所です。

彼女は職場へ電車通勤、私は車通勤だったので、私としては彼女の通いやすい場所であればどこでもよかったのですが、何軒も不動産屋さんを周り、結果的に、予算(気持ちややオーバーでしたが)、建物の綺麗さ、間取り、最寄りの駅、駐車場など全てのピースがカチッとはまったような物件があったので、内見をしながらその場で住居を契約しました。

私たちの場合は、二階建ての一階、駅まで徒歩15分以内、3DK、エアコンは最初から二部屋に設置済、リノベーション済、家賃は予算よりプラス1万ほどでという物件にしました。

両隣、上下(私たちの場合は上)の住人に関しては、住んでからの賭けのつもりでいました。

結界的にはご近所さんには恵まれて、会ったらご挨拶もでき、夜も静かに過ごせています。

もし同じ状況の方にアドバイスをするとしたら、住居を選ぶ上でお金以外の妥協はしないくらいの覚悟で不動産屋さんを何軒も回り内見をすることをお勧めします。

そして、彼女の要望は聞いてあげましょう。

私の場合、彼女の要望は、バス・トイレが別。独立洗面台。収納スペースが多い。などが重要項目でした。

物件と共に、彼女の要望もリサーチすることをお勧めします。

個人的には、2DKや3DKなどの複数の部屋がある物件がいいと思います。

というもの、同棲は楽しいときばかりではありません。顔を敢えて合わせない時間が必要な時もあります。

その時に一人になれる部屋。一人にさせてあげる部屋はあった方がいいと思います。

ちなみに、私たちはお互いに一人暮らしだったため、引っ越しは業者を使わず全て自分たちで行いました。

私の方が新居と距離が近かったので、仕事に行く前に車に荷を積み、仕事帰りに新居に置いてくる。そんな生活を何日も続けました。

彼女の荷物は休みの日にトラックで一気に新居に運び込みました。

私と彼女、共に持っていたもの(冷蔵庫やドライヤー、洗濯機、レンジなど)は二つあっても意味が無いので、相談をして片方はリサイクルショップに売りました。

同棲のポイントその2ーお金、家事・生活ルール

次は同棲に必要となるお金についてです。

これは後で揉める前に決めなければいけない最優先事項でした。

同棲に必要となる家賃や食費、生活費等をどのように出し合うかなどです。

私たちの場合は、毎月家賃、生活費、貯金を含めたお互いに設定した額を毎月決まった日に出し合い、残りは好きにするというルールにしました。

同棲をするにあたり、細かいことは生活しながら決めればいいので、大きなことから徐々に決めていきました。

ということで、同棲上の細かい生活のルールや家事については、特に取り決めを設けませんでした。

お互いに一人暮らしをしていたので、一通りのことは出来ましたし、強いて言うなら気付いた方がやる。

それは今も変わらず持ちつ持たれつです。

しかし、二人で住み始めて数年。結婚も経て今は自然とお互いの分担が決まっているような形になりました。

ただし、彼女が調子の悪そうな時や、機嫌が悪いときは、いつも以上に自ら進んで家事を行うことをお勧めします。

同棲を検討している人へのアドバイス

些か男性目線での経験になってしまいました。

しかし、同棲し一緒に住むということは、当たり前ですがパートナーとの歩調を合わせることが大事です。

絶対に譲れない部分、妥協できる部分、譲る部分。

感性の違いや、これまでの常識の違いなど相手と合わない部分が必ず出てきます。

お互いの生活がストレスにならないように正直に傷つけないように伝え、たくさん話し合いをしましょう。

お互いがより良い未来に向かって進めるようたくさん努力もしましょう。

私も今もまさにその途中です。

結婚した後も、お互いの関係が良好な日ばかりではありませんが、私は今毎日を楽しく過ごしています。

今回の私の同棲体験談が、これから同棲を始める方の少しのお役に立てれば幸いです。

ありがとうございました。


めんどくさいお部屋探し。お部屋探しのプロが代わりに探します!


今回の同棲体験談は以上になります。

今後も、婚活、同棲、結婚生活などに関する記事や体験談を提供していきますので、この記事が参考になった方は、「いいね」を押したり、twitter(@forMillennials1)をフォローしたり、ブックマークやメルマガ登録いただけると嬉しいです。

皆さんのアクションが次の執筆意欲に繋がりますので、ぜひよろしくお願いします!

メルマガ登録はこちらから↓

メルマガは嫌!という人向けにLINE公式アカウントも用意しています。

興味のあるジャンルを選んでいただき、当該ジャンルの記事を月1〜2回めどで配信します。

ECストアの5%〜offなどのお得情報も定期的に配信しますので、ぜひお友達になってください!

https://lin.ee/IRyzyCG

友だち追加

こちらもどうぞ!

同棲記事

また、婚活、同棲、結婚生活や子育てなどの悩み事を、他のユーザーや専門家に相談できる、無料掲示板も新たに設置しましたので、ぜひご覧ください。

掲示板はこちらから

また、for MillennialsのECストアも作りました。

子供のおもちゃや家具などもありますので、ぜひご覧ください!

ECストアはこちらから