【子育て】東京・神奈川での男子の中学受験体験談ー慶應義塾普通部・中等部・SFC

シェアする

今回の子育て記事は、息子が慶應普通部・中等部・SFCの受験をされたお母さんから見た中学受験の体験談です。

本格的な受験勉強のスタートが小学5年生の秋という遅いスタートでありながら、集中的に受験勉強をし、見事3校とも合格を貰ったそうです。

中学受験を検討されている親御さん必見です!

息子の中学受験のきっかけ

数年前に中学受験を終え、慶應義塾普通部に進学しました。

我が家の中学受験について一言でいうならば、「息子の意地を貫いた合格」と言えるかもしれません。

中学受験をするきっかけになったのは、息子の通っている小学校は中学より女子校になるため、男子の大半が受験をする環境にいたのがきっかけでした。

低学年のうちは、勉強よりも色々な体験をさせたいとボーイスカウト活動でボランティアをしたり、体力づくりのためにスポーツをさせたりしました。

特に我が家では、家の手伝いをする決まりがあり、それは家族の一員として自分自身の存在を意識させるために、小さい時から自分でできることをすることにしていました。

小学4年生になると受験勉強が本格的に始まり、息子が通っていたSAPIXでも塾での時間が増え、スポーツスクールだけを残して、すべての習い事を辞めることになりました。

しかし、今まで息子の中で中学受験をする目的もなく、周囲から薦められるがままに志望校をきめていたこともあり、また成績も良くも悪くもない状態でした。

ですので、そんな熱を感じることがない息子には、中学受験はもう難しいかもしれないと、諦めかけていました。

そんな時間が1年半ぐらいあったでしょうか、

小学5年生の秋になるときに、「息子から慶應にいきたい。」といわれ、その強い決意を聞くことになったのです。

ひとつだけ続けていたスポーツ選手コースで練習する中で、ジュニアの大会に頻繁に出るようになり、そこで出来た友達や先輩との関わりで、強くなりたい、この先進む学校でも続けていきたいという気持ちが芽生えたことや、慶應に通っている先輩から学んだことなどを淡々と話し、慶應でプレイするために受験をさせてほしいと告げられました。

親が勝手に無駄な時間だと思っていたのは、親だけで本人にとっては大事な時間だったのです。

慶應以外は受験しないと、言い切った事に、驚いたのと同時に、頼もしく感じられました。

6年生間近で本格的に慶應の中学受験対策をスタート

あと3ヶ月で小学6年生になるという遅いスタートで、短時間で成績も驚く程伸びました。

ですが、しばらくすると、やっても思うように結果が出ないことが続くようになり、息子も気持ちが落ち込むことが増え始めました。

集中できない息子に何度も「もうやめてもいいよ。」と言ったり、「そんななら、もうやめなさい。」ときつく言って、親が負けそうになったこともありました。

そんな時、SAPIXの先生は、いつも本人と向かい合う時間をとって寄り添ってくださいました。

「受験しない」という言葉は決して言わなかったこと、それどころか、「絶対に、合格する。」と言い続けた息子。

その言葉通り、慶應普通部、慶應中等部、SFCの3校だけ受験してすべて合格をいただきました。

息子の執念による合格でした。

中学受験を振り返って

勉強自体は、塾の先生のアドバイスで短い時間でいかに無駄を省き、効率を高めるためにひたすら過去問を繰り返しやり続けたこと、日々のなかで、身に付いた知恵が役に立ったことなど、いくつも合格に繋がったことがあるかもしれません。

でも一番は、息子が何のためにその学校にいくのかというブレない目的があったことと、志望校合格への執念が、合格を手繰り寄せたと思っています。

我が家の、長いようで短かった受験生活は良いこと悪いこと、色々なことを家族で共有しながら貴重で楽しい時間でした。

created by Rinker
代々木ライブラリー
¥3,280 (2021/10/21 09:05:53時点 Amazon調べ-詳細)

慶應義塾普通部に息子を通わせてみて

文武両道を掲げる学校はたくさんありますが、慶應普通部では、まずは勉学を第一に、そして自ら考えて社会の一員として貢献するように教えられます。

義務教育ですが、留年もあります。

小学生のころとは違い自分のやりたいことばかりができないことを学び、いま何をやるべきかを常に考えて行動する力、仲間を大切にする心を身に付けられたように思います。

勉強もしながら、今でもその頃からの友達とともに、スポーツを続けています。

今回の、母親の私から見た息子の中学受験の体験談が、皆さんの参考になりましたら幸いです。


今回の子育て体験談は以上になります。

今後も、お受験含め、子育てに関する記事や体験談を提供していきますので、この記事が参考になった方は、「いいね」を押したり、twitter(@forMillennials1)をフォローしたり、ブックマークやメルマガ登録いただけると嬉しいです。

皆さんのアクションが次の執筆意欲に繋がりますので、ぜひよろしくお願いします!

メルマガ登録はこちらから↓

メルマガは嫌!という人向けにLINE公式アカウントも作りました。

興味のあるジャンルを選んでいただき、当該ジャンルの記事を月1〜2回めどで配信します。

ECストアの5%〜offなどのお得情報も定期的に配信しますので、ぜひお友達になってください!

https://lin.ee/IRyzyCG

友だち追加

結婚生活や子育てなどの悩み事を、他のユーザーや専門家に相談できる無料掲示板も設置していますので、ぜひご覧ください。

掲示板はこちらから

また、for MillennialsのECストアも作りました。

子供のおもちゃや家具などもありますので、ぜひご覧ください!

ECストアはこちらから