【結婚生活】結婚2年目のアラサー女性が語る、夫婦生活を円満にする秘訣【体験談】

シェアする

今回の体験談記事は、夫婦生活を円満にするための秘訣に関するものです。

結婚して2年目のアラサー女性が、自身の体験談に照らして、夫婦生活を円満にする秘訣を語っています。

夫婦生活に悩んでいる方も、そうでない方も必見です!

結婚生活は「日常」

結婚や新婚生活というと、明るくて幸せなイメージがあるかもしれません。

しかし、実際には思い描いていた夢のような世界ではなく、そこにあるのは日常でした。

夢にみたような甘い時間はおろか、小さな事でイライラしたり、ガッカリしたり。

でも、そんな現実に直面したからこそ、ほんの少しの工夫で、楽しく円満に夫婦で暮らしていけるということにも気がつけました。

そこで今回は、夫婦で円満に暮らしやすくなる秘訣をお伝えしたいと思います。

夫婦生活円満の秘訣①:「挨拶とハグはいつもセット」

夫婦で円満に暮らすために、挨拶は必須とも言えます。

その挨拶に、「ハグ」という軽いスキンシップを追加するのが、夫婦関係を円満にするポイントです。

ハグにはストレスを軽減する効果があり、1日の疲れも癒やされることでしょう。

日々のルーティーンにスキンシップを組み込むことで、いつの間にか夫婦のコミュニケーションがなくなってしまう、ということも防ぐことができます。

夫婦生活円満の秘訣②:会えない時は手書きメッセージを

同じ屋根の下に暮らしているとはいえ、共働きの夫婦は特にすれ違いがちです。

そんな時は、LINEなどではなく、あえて手書きのメッセージでコミュニケーションを取るのがおすすめです。

「おはよう」や「お疲れさま」といった簡単な一言だけでも、手書きのメッセージが家にあるととても心が癒されます。

メモや付箋に書くのも良いですが、私の体験上でのおすすめはホワイトボードです。

手軽に書いたり消したりできるので、ハードルも低く、気軽にトライできることでしょう。

夫婦生活円満の秘訣③:一人きりの時間を作る

ラブラブな時期には想像もつかないと思いますが、同じ時間を過ごせば過ごすほど、些細なことで腹が立ってイライラしたり、取るに足らないことから大喧嘩に発展することもあります。

休暇中や在宅ワークなどで二人の時間が長くなってしまった時は、あえてご飯を別々に食べたり、一人きりの時間を作ることも大切です。

夫婦だからいつも一緒にいるべきという固定概念は捨てて、気ままに過ごせる一人時間をお互いに持ち、心の余裕を持つのがおすすめです。

夫婦生活円満の秘訣④:喧嘩をしても最低限いつも通りに過ごす

一緒に暮らしているとどうしても喧嘩してしまうこともあるでしょう。

そんな喧嘩をしてしまった時でも、挨拶とハグは必ずする、家に帰ってくる、など最低でもこれだけはしようね、というルールを予め決めておくのがおすすめです。

喧嘩をするとついカッとなって家出をするなど、感情的な行動をしがちですが、お互いされたくないことをきちんと話し合い、ルールを守ることで、勢いだけの離婚など、最悪の事態は免れることでしょう。

夫婦生活円満の秘訣:まとめ

結婚は、他人と暮らし生活していくということです。

毎日一緒にいると、つい、「夫のくせに」「妻のくせに」とどんどんお互いに不満や甘えが募ってしまいますが、元は他人です。

もし、あなたのために毎日家事をしてくれたり、いつも笑顔で安心させてくれたりする他人がいたら、とてもありがたい気持ちが湧いてきますよね?

「夫婦だから当たり前」という傲慢さは捨てて、常に初心を思い出すことが、夫婦円満に過ごすポイントです。


今回の夫婦生活を円満にする秘訣に関する結婚生活体験談記事は以上になります。

今後も、結婚生活に関する記事や体験談を提供していきますので、この記事が参考になった方は、「いいね」を押したり、twitter(@forMillennials1)をフォローしたり、ブックマークやメルマガ登録いただけると嬉しいです。

皆さんのアクションが次の執筆意欲に繋がりますので、ぜひよろしくお願いします!

メルマガ登録はこちらから↓

メルマガは嫌!という人向けにLINE公式アカウントも作りました。

興味のあるジャンルを選んでいただき、週1〜隔週めどで配信します。ECストアのお得情報も定期的に配信しますのでぜひお友達になってください!

https://lin.ee/IRyzyCG

友だち追加

また、結婚生活や子育てなどの悩み事を、他のユーザーや専門家に相談できる会員制の無料掲示板も新たに設置しましたので、ぜひご覧ください。

掲示板はこちらから