【婚活】40代のアラフィフ女性がイギリス人男性と国際結婚するまでの婚活体験談(前編)

シェアする

今回の婚活体験談は、40代・アラフィフから婚活を開始し、イギリス人の彼と国際結婚した48歳女性の婚活体験談です。

国際結婚を目指す際に使ったサービスの比較もあり、国際結婚に興味を持っている人に、とても参考になりそうですね。

前後編で分割してお送りします。

40代・アラフィフからの婚活

イギリス人の彼との国際結婚

私は現在、イギリスと日本を行ったり来たりの生活をしてます。

2019年の6月に、イギリス人男性と入籍、結婚をしました。

イギリスにいる時は、主人を大学に送り出してから、家事の合間に散歩に出かけたり、近くの花屋にお花を買いに行ったり、

のんびりですが、充足した毎日を過ごします。

大通りを少し外れただけで、田舎でもないのにのびのびとした田園風景が広がります。

森の小径を歩けば、四季折々、サクランボやブラックベリーが収穫出来ます。

庭先で野兎を目にしたり、道をさっと横切るリスに出会えたりもします。

こんな充足した日々を過ごせる等とは数年前の忙しく働いていた私には予測さえできなかったことです。

40代・アラフィフからの婚活

私が婚活を始めたのは48歳の冬でした。40代・アラフィフからの婚活。これは世間一般で言うところの晩婚中の晩婚です。

しかも、婚活サービスで4月末に知り合い、6月に来日し、成田空港で初めて会った主人とその数日後に入籍するという、

スピード結婚中のスピード結婚でした。

若い頃を思い返すと、結婚する機会は沢山ではありませんが、過去に数回はあったと思います。

20代は建築士の資格を取ったばかり、毎日毎日がとても新鮮で、結婚はいつかはするだろうけど、今の私にはまるで関係ない。
そう思って駆け抜けた気がします。

そして30代に突入。仕事が分かるようになり、尚且つ自分の好きな仕事で、自分の好きなものが買え、
自分の好きな場所に行けたその頃の私は環境を変える決心など到底出来なかったのです。

30代後半独身組の友達の一人が結婚することになり、友人と出かけた披露宴、
お世辞にも若くはないけれど幸せそうな友人を見て、ふと小首を傾げたのです。

「えっ?私、結婚しなきゃいけないのかしら?」と。

同じように思った友達が、私を婚活パーティに誘いました。

このパーティーもしなきゃいけないの?の気持ちで参加したので、晴れてカップリングになりデートが出来ても、
まるで苦手な授業を仕方なくやり過ごす小学生と同じ、まるで身が入らず僅か3回でギブアップ。

早く結婚を、と、希望する両親に対して「私は一応、結婚に対して努力はしているのですよ」的な姿勢を見せる為のポーズでもあったのです。

幼いころの夢だった国際結婚

仕事の過労とストレスで3カ月の入院

そんな私に転機が訪れます。過労とストレスが祟り、なんと3か月の入院。

静養する為に戻った実家で、偶然、中学生の頃の卒業文集を見つけました。

私は懐かしさで文集を手に取りました。そこには20年後の私と言う頁がありました。

スチュワーデスになりたい、看護婦さんになりたい、教師になりたい、皆が未来の夢を書いていました。

15歳の私は「将来はイギリス人と結婚する」と書いていたのです。

私こんなこと考えてたんだなそう思った時、心の中でいつかの15歳の私がこう言ったのです。

「目標もう一つ忘れてない?」と。

その言葉に私は背中を押されました。

飛行機と同じで、目標地点が決まっていれば、私の心のオートパイロットスイッチボタンを押せば良いだけでした。

国際結婚するための方法は?

私は頭の中で、どうしたら外国人と結婚できるかをインターネットで検索しました。

国際結婚、日本人女性、優良。

この3つのワードで検索して出てきたのが、国際結婚したい外国人と知り合える婚活サイトと、
在日外国人とのお見合いパーティー企画、外国人結婚相談所でした。

在日外国人お見合いパーティーは、首都圏や大きな都市であったので、地方に住む私には時間も費用も負担がかかるように思えました。

外国人結婚相談所、これは費用があまりにも高過ぎました。

ですので、必然的に私は婚活サイトを利用することにしました。

その婚活サイトも沢山ありましたが、私は口コミ、利用システムなどを調べ比較をした結果、3つのサイトに絞ることが出来ました。

国際結婚をすべく、私が選んだサイトは、

  • pairs
  • マッチドットコム
  • ジャパン・キューピットコム(Japan Cupid.com

この3つでした。

国際結婚するために使った婚活サイトと注意すべきポイント

pairs、マッチドットコム、ジャパン・キューピットコム(Japan Cupid.com)の比較

pairsさんは、会員数も多くシステムもしっかりしていました。

ただ、実際は日本人の方がメイン、在日外国人かいたとしても数か月前のログインが最後。国際結婚という意味では、現実味を帯びていませんでした。

マッチドットコムさんは、国際結婚最大級のサイトと書かれてあったのですが、ここも日本人は勿論のこと、アジア系の外国人が多く、
料金も割高でしたので続きませんでした。

最終的に今の主人と出会えたのが、ジャパン・キューピットコム(Japan Cupid.com)でした。

その理由はとてもシンプルなものでした。

ジャパン・キューピットコム(Japan Cupid.com)には、
もともと日本人と結婚したい外国人男性が登録しているので、需要と供給のバランスがうまく成り立っていました。

国際結婚詐欺・ロマンス詐欺には注意!

早速一つに絞ったところで、改めて丁寧にプロフィール写真を撮り直し、趣味やプロフィール欄を充実させました。

どのサイトにも共通して言えることは、沢山申し込む人の中で、今話題の国際結婚詐欺ではないかしら?と思うような人物がいたのです。

私の場合、事前に国際結婚詐欺の特徴などをネットで読んだことがあったので回避することができました。

ネットの出会いは、合理的、便利であるが故、危険が潜んでいるのも事実です。

私はビデオ電話で話した後、必ず名前と勤務先のホームページを見て確認をしていました。
用心に越したことはないからです。

登録してから3か月後、今のイギリス人の主人からアプローチを受けました。

そしてその2ヶ月後私はミスからミセスに変わったのです。

今回の婚活体験談は以上になります。

後編では、彼女が旦那さんに出会ってから結婚するまでの道のりや、アラフィフ・40代で婚活をされる方や、
国際結婚に興味を持っている方へのアドバイスなどをお送りする予定です。

今後も、婚活に関する記事や体験談を提供していきますので、
この記事が参考になった方は、「いいね」を押したり、twitter(@forMillennials1)をフォローしたり、
ブックマークやメルマガ登録いただけると嬉しいです。

皆さんのアクションが次の執筆意欲に繋がりますので、ぜひよろしくお願いします!

メルマガ登録はこちらから↓

また、婚活や結婚生活などの悩み事を、他のユーザーや専門家に相談できる会員制の無料掲示板もありますので、ぜひご覧ください。

掲示板はこちらから