【婚活】離婚して、より大きな幸せを掴んだアラサー女子の婚活体験談(前編)

シェアする

今回の婚活体験談は、離婚後に婚活アプリのpairsで婚活を成功させたバツイチの28歳女性の婚活体験談です。

婚活で工夫した点や、pairsの良かったところなどが整理されていて、婚活をされているバツイチの女性の方にとって、とても参考になりそうですね。

ちなみにこの記事、婚活体験談「【婚活】バツイチ✖︎ミドサーの僕がpairsで再婚するまでの体験談(前編)」を女性視点で見たものなんです(カップルで記事を書いてくださいました)。

男女双方の視点から同じ出来事を見るという、ちょっと新しい試みです。ぜひご参考にしてください!

離婚に踏み切るまで1年かかった

私は、学生時代に初めてお付き合いした方とそのまま結婚し、幸せに暮らしていました。

ある日、元夫から「離婚したい」と言われるまでは。

特に喧嘩することなく仲良く過ごしていたので、その時の衝撃は私にとって地球が割れるようなものでした。

すぐに家を出て行った元夫が女性と暮らしていることが分かっても、後悔はしたくなかったので、1年待とうと決めました。

この1年は、今までの人生で一番辛く、耐え難きを耐えた1年でした。

1年後、私は、慰謝料を請求せず、離婚に応じることを決めました。

それが、私が元夫に最後にできた、私なりの今までの感謝の伝え方でした。

気を取り直して婚活するも、うまくいかず

私が離婚するまでの1年を知っている友人から、

「素敵な人と結婚するなら、20代のうち!」

と口を酸っぱくして言われました。

30代、40代でも婚活でモテる人がいることは他の友人を見て知っていました。

ですが、自分もそうなれるかは分からないので、リハビリの気持ちで婚活アプリを始めてみました。

離婚経験のある別の友人から勧められたpairsは、驚くほど登録している人が多かったです。

知り合いも何人かいたので、片っ端からブロック機能を使い、お互いに見えないようにしました。

この過程で、私の知らないうちに、多くの友人が婚活アプリを使用していることを知り、

最初は気乗りしなかった婚活アプリでしたが、私も頑張ってみようという気持ちになりました。

ただ、最初はアプリの使い方もイマイチ分からず、良いなと思う方と全然マッチングできませんでした。

婚活を支えてくれた友人たち

私は、pairsで素敵な恋人ができた離婚経験のある友人に相談しました。

すると、友人からは、私の写真やプロフィールについて、

「全然ダメ」

という評価が、、

友人のアドバイスに従い、写真は自分の顔が大きく写っていて、綺麗に撮れているものを選び直しました。

プロフィールは詳細に、私の人間性や価値観も分かるように書き直しました。

友人からは、写真が命と言われたので、写真選びは特に気をつけました。

そうしたところ、マッチング率は格段に上がりました。

当然かもしれませんが、婚活アプリも、適当な気持ちではなく本気で取り組まないと、結果が出せないと気付きました。

特に、私は、離婚歴あり、仕事も忙しい上に転勤(海外含め)ありと、結婚条件としてはマイナスに傾く事情もあったからです。

pairsでの私の戦略的婚活!

友人からは、他のアプリとの比較で、登録者数が多いpairsをお勧めされました。

pairsには、結婚前提の人より、とりあえず彼女が欲しいと言う人も多いのではないかと思いましたが、

友人から、自分のプロフィールに結婚への意欲が強いことを書いておけば、同じ気持ちの人もたくさんいるから、pairsでもそういった人とマッチングできるとアドバイスを受けました。

確かに、実感としても、どういった人と出会いたいかは、自分のプロフィールで調整できるように思います。

そして、登録者が多いということは、それだけ候補者がたくさんいるということなので、

自分の頑張り次第で、良い人と出会える可能性も高くなるということです。

やるからには本気で取り組もう、3ヶ月は本気で頑張ろうと、ギアを上げました。

具体的には、婚活アプリに割く時間を大幅に増やして、良いなと思った方とは積極的に会うようにしました。

それは、仕事が忙しいこともあり、長期戦だと疲れてしまうし、自分のモチベーションがそこまで続くか分からなかったからです。

また、友人からのアドバイスで、どんなに結婚の条件が良くても、ピンと来なかったらすぐにお断りした方が良いと聞いていたので、

正直もったいないなと思いながらも、自分の心の声に耳を澄ませ、この人ではないと思ったら、すぐにお断りするようにしていました。

pairsでの彼との出会い

私は、相手に求める基準が厳しいつもりはありませんでしたが、『思いやりがある』かどうかで継続するかどうかを決めていました。

そこそこの人数とpairsでマッチングして、やりとりを続けて、実際に会う人もいましたが、もう1回会いたいと思う人とはなかなか出会えませんでした。

もう私が好きになれる人なんていないのかな、

と絶望しかけていたところで、彼と出会いました。

彼は、婚活アプリの中では珍しく、写真に顔を堂々と出している男性でした。

一般的に、男性は、自撮り写真があまり無いのか、写りが悪いものや、顔がよく分からないものをプロフィール写真にしていることが多いように思います。

また、彼は、プロフィールが詳細に書いてありました。

あまり詳細に書いていない人も多いので、そこから、彼のお付き合いに対する本気度が読み取れました。

彼は、離婚経験があるということも書いてありましたが、私自身離婚経験があり、

一概に「離婚」と言っても色々な事情があり得るので、特にマイナスの事情にはなりませんでした。

彼の爽やかな外見やキラキラしたプロフィールを見て、人気ありそうだなぁと思いながら「いいね」を押しました。

すると、まさかのマッチング。

とても嬉しかったです。

pairs

念願の初デート!

なかなか食事に誘われない、、

彼とはペアーズ上で1ヶ月ほどメッセージのやり取りを続けました。

ペアーズでは、1〜2週間ほどメッセージのやり取りをすると、お相手から食事に誘われることが多かったので、なかなかデートに誘われないなぁと思いました。

ただ、メッセージだけでも会話が続いて楽しかったのと、見た目と違って、真面目な方なのかなと思い、マイペースに連絡を取り合っていました。

この時期私も忙しく、彼との楽しいやり取りは私の中で癒しの時間でした。

満を持して、彼からデートのお誘いが来た時は、本当に嬉しく思いました。

食べ物の好みを聞いてくれたので、「和食」と答えると、私の家からアクセスしやすい場所にある美味しい和食のお店を予約してくれました。

ついに初対面

彼は、写真どおりの爽やかなイケメンで、私より年齢は7つ上でしたが、20代にも見える外見でした。

最初こそお互い緊張しましたが、メッセージのやり取りがそれなりにあったので、初対面にもかかわらず、食事も会話も楽しむことができました。

特に、牡蠣がおいしかったのですが、彼から、「美味しそうに食べるね」と言われて、ちょっと恥ずかしかったのを覚えています。

後から聞くと、そこが良いと思ってくれたそうなので、どこがポイントになるか分からないものですね。

私は、自分の離婚の理由や少し特殊な仕事について彼に話しませんでしたが、彼もあえてそこを聞いてはきませんでした。

そこに彼の配慮を感じ、思いやりのある方だなと感じました。

彼の人間性に惹かれていく

翌日、楽しかった初デートの余韻に浸っていると、彼から連絡がありました。

内容は、遠慮しつつも、「よかったら明日も夜ご飯どうかな?」というものでした。

この時期、私の予定はかなり詰まっていたのですが、不思議なもので、翌日の夜は予定が入っていませんでした。

即座にOKして、初デートの2日後にまた会うことになりました。

(続きは後編で!)


pairsの詳細はこちらから♪↓

pairs(ペアーズ)